特定高齢者の意味と決定法

一般的に高齢者とは、65歳以上のお年寄りをさします。その名称に“特定”がつくと、どんな高齢者の意味になるのかなどを調べてみました。

サイトトップ > 特定高齢者の意味と決定法 トピック

スポンサードリンク

特定高齢者の意味と決定法

特定高齢者の意味と決定法 トピック

65歳以上で、要支援・要介護になる可能性のある高齢者

■特定高齢者とはいったいどんな高齢者なのでしょうか? 一般に高齢者とは65歳以上の方をさし、さらに分類するなら「前期高齢者=65歳以上74歳以下」、「後期高齢者=75歳以

65歳以上で、要支援・要介護になる可能性のある高齢者

要支援・要介護になる可能性あり、とはどんな状態?

■65歳以上で生活機能が低下し、近い将来介護が必要となるおそれのある高齢者を特定高齢者と認定することはわかりましたが、具体的にどんな状態だと特定高齢者とされるのでし

要支援・要介護になる可能性あり、とはどんな状態?

特定高齢者を決定する、「生活機能評価」の重要性

■特定高齢者選定の実施方法と基準について、厚生労働省はつぎのように示しています。「生活機能評価の実施は、各市町村が事前に生活機能チェックを実施して候補者を選定し、

特定高齢者を決定する、「生活機能評価」の重要性

どんな観点からで生活機能は判定されるの?

■特定高齢者を認定するにあたっては、「基本チェックリスト・生活機能チェック・生活機能検査」 の結果を医師が総合的に判断することになっています。

どんな観点からで生活機能は判定されるの?

特定高齢者が受けられる介護サービス

■特定高齢者と認定されると、より重度の要介護状態を予防するために“予防的”、あるいは“改善的”なプログラムの介護サービスを受けることができます。

特定高齢者が受けられる介護サービス

メニュー



スポンサードリンク